ワイパックス依存

ワイパックス依存性が怖い人は読んでください!

ワイパックスの依存が怖い、、、

ここでは、「ワイパックス依存がイヤで飲みたくない!」といった方へ
僕自身の代用食品体験談を公開しています。

 

 

依存が心配、、、
せっかくの安定剤が、不安の原因になっていませんか?

 

 

僕は完全に悪循環にハマっていたと思います。

 

 

そんな僕の断薬体験談が
少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 

僕のようにワイパックスをはじめとする抗不安薬で
悪循環にハマってしまう人は凄く多いそうです。

 

アラサーでの服用開始

僕は、30歳を超えた辺りから不眠と不安に苦しむようになってきました。

 

いろいろな精神安定剤、抗不安薬を処方してもらい飲んできました。
デパス、セルシン、メイラックス、ワイパックス、ハルシオン、マイスリー、ドグマチール、、、

 

依存性が怖くて、次から次へと切り替えて飲んできました。

 

 

自分でもわかっているのですが、

 

薬は一時的に症状を緩和してくれるモノにすぎません。

 

 

不眠や不安といった根本的な問題を解決してくれるものではありません。
ここ最近は肝臓への悪影響が少ないという事もあり、ワイパックスを飲んでいました。

 

 

ワイパックスは、デパスなどと同じくベンゾジアゼピン系の薬です。
不安を和らげたり、寝付きを良くしたり、体の緊張を解してくれたりします。

 

 

比較的、すぐに効いてくれるのでお守りというか、頼れる薬です。
効果もデパスの倍の12時間持続します。

 

 

ただし、使いやすいので心配事が大きくなってきました。

 

 

ワイパックスの依存形成と耐性形成

 

ワイパックスはキチンと効果が感じられる為、
依存形成率が高いんです。

 

 

頼りやすいんです。

 

 

薬には必ず副作用があります。

 

ワイパックスにも副作用はありましたし、自分でも実感していた部分もあります。
ですが、許容範囲でした。(ふらつき、軽い記憶喪失など)

 

 

しかし、依存形成に関しては問題です。

 

 

抗不安薬で依存形成が始まるのが、約3週間あたりからだそうです。

 

 

ワイパックスも例外ではありません。

 

 

「飲めば安心!」

 

 

から

 

 

「飲まないと不安、、、」

 

 

 

他の抗不安薬に比べて
あまりにも自分に合っていた為、飲まないとダメな状態になりました。

 

 

これだけではありません。

 

 

ワイパックスをはじめ、薬には耐性がつきます。

 

 

耐性がついてくると、それまでの薬の量では同じ効果が得られなくなってきます。

 

つまり
服用する量がドンドン増えていきます。

 

これはホントに不安です。

 

 

不安を和らげる為の薬で、不安になる悪循環、、、
そして、罪悪感、劣等感

 

 

家族からもらった栄養機能食品

 

そんな悪循環の僕を心配して、
家族がセロトニンを増やしてくれる睡眠系ドリンクを買ってくれました。
厚生労働省が認可しているドリンクです。
※こちらから内容が見れます。>>詳細ページ

 

 

セロトニンは感情をコントロールする脳内成分で、睡眠問題や不安障害などで悩む人に足りない成分です。

 

 

セロトニンが足りないということは感情をコントロールしにくくなるので、
緊張や焦りといった負の状態から抜け出しにくくなります。

 

 

こういった状態を緩和しようとするのが抗不安薬です。

 

 

でも、薬は副作用とか、依存性とか怖いから
セロトニン増強健康食品でって事でしょうね。

 

 

 

もらったドリンクは、臭いし、不味いし、味はよろしくないのですが、
セロトニンを増やしてくれる役目が期待できるみたいです。

 

 

要するにワイパックスなどの代用になるかもって事です。

 

 

ドリンクが自分にとって効果ありって、思えれば薬から離脱しやすくなるそうです。

 

頼る対象がワイパックスなどから、食品へ移るワケです。
確かに良いですよね。食品なら副作用とか、妙な依存性とかもないでしょうし。

 

 

それにしても原液では、
とても続けられそうにないので、グレープジュースで割ることにしました。

 

これが大成功で、完全にジュースになりました。

 

 

ポカリで割るのはヤバイのでヤメた方がいいですよ。

 

効果

 

 

はじめ飲んだ日は、特に違いは感じませんでした。

 

 

ちょっと違いを感じたのは5日後あたりでしょうか?

 

 

飲んだ時に、みぞおちのあの嫌なモヤモヤがス〜っと消えた感じがしました。
その瞬間に「これ、けっこう良いかも?」

 

って思えたんです。

 

 

眠れるとか、そういう効果っていうよりは、
大丈夫かも?っていう安心を感じたというか、、、

 

 

薬以外でも大丈夫かも?って思えたのが大きかった。

 

 

世間でいくら効くって言われていても、自分で実感しないと
僕みたいな心の問題をかかえる人間には効果ありませんよね?

 

 

今は飲み始めて3週間になりますが、ほとんどワイパックスなどの薬は飲んでいません。
仕事中にたまに飲むくらいです。
あくまで個人的な結果なのでしょうけど
これには驚いています。

 

 

 

健康食品なのでたとえ依存しても健康になるだけですからね。
この違いが大きかったように思えます。

 

 

依存への不安が減った分、寝付きも良いです。
ドリンクの効果なのかもしれませんけど、僕にはどっちだかわかりません。

 

 

ワイパックスの依存性への不安で、
僕みたいに悪循環になってしまった人へに参考になればと思います。

 

 

厚生労働省認可のモノは、僕が飲んだドリンクだけですが、
世の中的に睡眠系の食品サプリはいくつか売ってると思うので調べてみると良いかもしれませんね。
※こちらから僕が飲んだドリンク見れます(期間限定で、お試し品があるハズです)
>>詳細ページ

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ